ゼニカルは脂っぽい食事をする人の味方

ゼニカルは脂っぽい食事が好きな方に最適な肥満治療薬です。
日常生活において摂取する脂質は、動物性の脂と植物性の油に大別されます。
肉類に含まれる脂は、常温でも固まったままの状態でしょう。
それゆえ、摂取すると人間の身体にも体脂肪として蓄積しやすいのです。
それに対して植物性、または魚の油などは常温で液体なので、体内に蓄積しにくいのです。
むしろ動物性の脂を溶かしてくれるため、成人病予防に役立ちます。
血中脂質の多い方ほど、魚を沢山食べたほうがいいと厚生労働省のWEBサイトでも紹介しています。

日本人に最適な食生活は和食を中心としたものです。
肉類が中心の欧米食は、肥満を増やす原因となります。
日本人の健康維持のためには、和食の頻度を増やすことが大切なのです。

肉類の摂取を我慢できない方は、ゼニカルなどの油分をブロックしてくれる薬を使用して痩せていきましょう。
ゼニカルのメリットは、脂肪だけに作用してブロックすることです。
約30%をカットしてくれるので、確実に痩せやすくなります。
今まで運動してもまったく体重が落ちなかった方が、ゼニカルを服用したら急に痩せたという方もいます。

ゼニカルは習慣性や依存性はないので、痩せるまで飲み続けることができるのです。
はじめて服用する方は、医療機関で処方を受けるとよいでしょう。
自分の肥満の原因を知っておく必要があるからです。
もし炭水化物の摂りすぎで太っているなら、ゼニカルを飲んでも痩せることはできません。

脂っぽい食事が習慣化している方は、肥満やメタボ、脂質異常症のリスクが非常に高くなります。
脳梗塞、心筋梗塞の発症率も高まるので、若いころから適正体重の維持、血流サラサラを意識しておきましょう。

ゼニカルを途中で止めたらリバウンドする?

ゼニカルは途中で止めてもリバウンドはしません。
リバウンドするメカニズムは、筋肉の減少により肥満体質になることです。
沢山食べても太らない方もいれば、少ししか食べなくても太る方もいるでしょう。
前者のような体質になれれば、肥満を回避できるのです。
リバウンドする方によく見られるのは、無理な食事制限をすることです。
適度な食事制限、運動、冷えの解消など、バランスのよいダイエットを実践すれば問題はありませんが、短期集中的に無理な食事制限をするのは避けましょう。
筋肉を維持しながら脂肪だけ落としていくには時間がかかります。
一気に体重を減少させると、筋肉と脂肪の両方が落ちてしまうのです。
それにより太りやすい体質になり、リバウンドして以前よりも太りやすい体質へと変化します。
ダイエットは失敗を繰り返すほどモチベーションを低下させるので、一回目で成功させるのがベストです。

ゼニカルを利用したダイエットは、ストレスが溜まらないのがメリットです。
身体に負担がかからないので、リバウンドのリスクはほとんどありません。
ただ、ゼニカルの服用を止めることで体重が戻ってしまう方もいます。
こうした方は脂肪の摂取量が多いので、ダイエット後の体重を維持するために食事制限をしていく必要があります。
体重が増加する時点で、食べすぎているのは間違いありません。
生活習慣病を防ぐためにも、一日の適正カロリーは守りましょう。

自分にとっての適正カロリーとは、体重が増加しない程度のカロリーです。
本人は食べている自覚がなくとも、適正体重以上に増えるようなら食べすぎています。
食べすぎは肥満、糖尿病、脂質異常症、メタボの引き金となるので、早いうちから改善する必要があります。

ゼニカルに依存性はない?

ゼニカルは依存症のない肥満治療薬です。
油分を30%ブロックしてくれるので、飲むことで確実に脂肪の吸収量を減らせます。
100%ブロックしてくれる薬が理想だと思われるかもしれませんが、脂肪は三大栄養素の一つなのです。
人間は脂肪なくして生きていくことはできません。
お肌の調子を整えたり、腸内環境を維持したりする働きもあるのです。
脂肪を無理に制限するとお肌が乾燥し、肌トラブルのリスクが高まるので注意しましょう。
脂肪の摂りすぎは身体に悪いですが、減らしすぎるのもよくありません。

ゼニカルはほとんど副作用もなく、服用初期の段階で便通が増える程度です。
また、脂溶性の栄養素の吸収率を低下させるため、ビタミンは多めに摂るようにしましょう。
これらの点に注意して服用すれば、依存症も副作用も心配する必要はありません。
従来の肥満治療薬よりも安全に体重を落とすことができます。
目標体重まで減少したら、服用をやめてもいいのです。
リバウンド体質を促すこともないので、太りやすくなることもありません。
ただし、脂肪の摂取量が多い方がゼニカルをやめると、脂肪の吸収率が上がって太りやすくなることはあります。
もし太ってしまうようなら、脂肪を摂りすぎている証拠です。
脂肪を制限して体重を維持させましょう。
体重が増えてしまう時点で、食生活に問題があると考えていいでしょう。
食事制限をするのは苦痛を伴うでしょうが、好きなだけ食べていては身体に悪いのは当然です。
健康を維持できるレベルまで、食べる量を減らしていく必要があります。
脂肪分を減らすためには、おかずの摂取を減らすのがよいです。
ご飯を多めに食べておかずを減らせば、同じ満腹感にして摂取カロリーを減らせます。

■ゼニカルと同じ効果で安価なオベリットでダイエットをしましょう
オベリット